お電話でのお問い合わせ

0120-952-794

農業・園芸・フラワー・ガーデンデザイン・バイオテクノロジー・食品・環境を仕事にする

ABIO 新潟農業・バイオ専門学校

お問い合わせはこちら 0120-952-794

NSGカレッジリーグ

お子様が築く未来を一緒に考える。

入試情報


詳しくはお問い合わせください。また、手続きはお早めに!


教育でABioが大切にしていること

知識や技術だけでなく、豊かな人生を生きるための知恵と経験が育める教育環境を追求します。そのために、社会との接点を積極的に創り、たくさんの人との交流を提供します。

ABioの学びは、私たちの暮らしに欠かせないものばかりです。

現場開発・働く力 専門力・人間力 社会とのつながり 新しい視点 社会人マナー
ABio 「食・農・緑」を仕事にすることは、いのちを育むこと。

ABioの建学の理念

ABioでの学びを通じて、たくさんの社会や人と触れ合い、自分の人生と向き合い、自分の「生き方」を見つけて下さい。

学科一覧

どんな質問でもお答えします
まずはお電話を

0120-952-794

ABioがこだわるのは「現場教育」「オンリーワン教育」

豊富なインターンシップ(企業での実務研修)で現場感覚を学ぶ
(H23〜H25年度累計実績とH26年度予定含む)

豊富なインターンシップ

ABioの魅力は新潟県・新潟市の施設で実習できること!

新潟県・新潟市 施設

教育提携によって実現される3つのオンリーワン教育

  • 企業のバイオ技術が学べる舞子テクノロジー株式会社
  • 国内唯一1自然栽培が学べる一般社団法人新潟自然栽培研究会
  • ABioに通いながら、大学を卒業できる放送大学

どんな質問でもお答えします
まずはお電話を

0120-952-794

ABioが考える仕事観・就職指導・就職実績

食・農・緑のスペシャリストである前に、これからの時代に必要とされるための「人間教育」「職業教育」を行います。

企業採用の視点は?

企業採用の視点 ランキング

新卒者で求める人物像は、働く上で基本的なことばかり。つまり、人間力を求めている!

だから

ABioの就職指導における基礎とは「人間力の向上」です。

就職活動を勝ち抜くための3つのステップ

就職活動を勝ち抜くための3つのステップ
だから

信頼される指導には実証があります。

就職率98.6%/専門就職率98.5%

求人件数560件/求人倍率10.8倍

就職実績・就職指導

どんな質問でもお答えします
まずはお電話を

0120-952-794

顧問メッセージ

ABio 新潟農業・バイオ専門学校 顧問
新美芳二
農学博士 / 北越農事㈱顧問 / 新潟大学名誉教授 /
放送大学客員教授 / 新潟オランダ協会会長

昨今の日本の農業をめぐる状況はめまぐるしく変化し、農業後継者不足、食の安全、食料自給率低下など多くの課題に直面しています。その一方で、多くの若者が農業に魅力を感じ、農業分野への就職を考えていながら、農業分野へいかにして就職するのかが不明であるため、諦めてしまう若者がいることも事実です。

この社会背景を鑑み、食と農が人々の生活とより密接に関わるようコーディネートできる人材を輩出するため、未来の日本の農業を築く新しい農業教育の専門学校「新潟農業・バイオ専門学校」が2011年4月に新潟市中央区に開校しました。本校では、生産にとどまらない新しい観点から日本の農業を捉え、経営者の視点をもった農業従事者を育てるための専門教育を行う「農業経営科」、食品加工・醸造分野の専門教育と環境検査の専門技術の教育を行う「バイオテクノロジー科」、そして、花き栽培・造園・園芸福祉の専門教育を行う「園芸デザイン科」を設置しています。

カリキュラムでは、現場との繋がりを最大限重視した農業・食品分野の専門教育を施すことで、専門性の高い人材を新潟県内外の農業や食品加工業界などに輩出することを目指します。それは、日本、特に新潟県のこれからの農業・食品分野の活性化を促すことができると確信しております

アクセス

■バスでお越しの方
新潟駅南口バスターミナル1番のりばから「南長潟・南部営業所行」他約6分。
「北谷内(きたやち)」下車。

■車でお越しの方
日本海東北自動車道「新潟亀田I.C.」を降りて、新潟駅方面へ約5分。