お電話でのお問い合わせ

0120-952-794

農業・園芸・フラワー・ガーデンデザイン・バイオテクノロジー・食品・環境を仕事にする

ABIO 新潟農業・バイオ専門学校

お問い合わせはこちら 0120-952-794

NSGカレッジリーグ

バイオテクノロジー科

  • 2年制
  • 40名
  • 文部科学大臣認定「職業実践専門課程」

安全・安心の食品で、おいしさと笑顔を届けよう!

目指す仕事

食品製造技術者/品質管理者/清酒・ビール・ワイン醸造師/きのこ栽培技術者 他

目指す資格

中級バイオ技術者認定試験/毒物劇物取扱責任者/危険物取扱者/公害防止管理者/
品質管理検定/酸素欠乏危険作業主任者/ボイラー技士/技術士補 他

3つのポイント

日本酒・ワイン・焼酎の
製造技術が学べる!

地元産の原材料にこだわり、農業経営科が栽培したコシヒカリで米焼酎を、新潟市南区のぶどうで赤ワインと白ワインを、地元の酒米で純米吟醸酒を醸します。

プロの技を学ぶ!
食品製造理論&商品開発

味噌・醤油で黄綬褒章を受章した名工や管理栄養士&フードコーディネーター、にいがたの名工、大手製菓メーカーの開発担当者などプロがアナタを指導!

食品の安全性や栄養、
衛生、機能性も学べる!

見た目や美味しさだけでなく、衛生環境整備や食中毒予防、栄養の分析などは食品業界に欠かせません。「安全・安心・おいしい」食品づくりを学びます。

ABioだから学べる!!この授業・実習に注目!

醸造実習

酒類、味噌、醤油など微生物を応用した発酵食品の製造技法を学びます。

食品開発実習

年間約100品目にも及ぶ実習品を通じて、多くの食品の製造理論や開発手法を学びます。

HACCP

調理や食品加工の現場で食中毒を防止する現場の管理方法を学びます。

圧倒的な実習量!実習で作る食品は年間約100品目!

例)2年次前期の時間割
実習授業
  MON TUE WED THU FRI
109:30~10:20 酒類一般   就職実務    
210:30~11:20 プレゼンテーション
技法
分子生物学
311:30~12:20 食品開発
実習
醸造実習 栄養学
413:20~14:10 生化学 遺伝子工学
514:20~15:10 HACCP
615:20~16:10    
716:20~17:10  

在校生からのメッセージ

私は大阪出身ですが、日本酒造りが学びたくてABio進学を決めました。ABioでは日本酒の他にワインや焼酎、味噌、醤油も造ることができる珍しい学校です。1年次は主に基礎実験の他、味噌造り実習を、2年次はもっと食品の実習が増えるので楽しみです。

出身島 嘉輝

大阪府/近大泉州高校

先生からのメッセージ

醸造と食品業界は、バイオテクノロジ―がとても役立ちます。微生物の力でできるお酒や発酵食品、そして新しい食品加工技術など、食の世界はどんどん進化しています。無限大の可能性を持つバイオテクノロジーを身につけませんか?

岡野 先生