お電話でのお問い合わせ

0120-952-794

農業・園芸・フラワー・ガーデンデザイン・バイオテクノロジー・食品・環境を仕事にする

ABIO 新潟農業・バイオ専門学校

お問い合わせはこちら 0120-952-794

NSGカレッジリーグ

食料農業経営科

  • 2年制
  • 15名
  • 文部科学大臣認定「職業実践専門課程」
  • 栽培
    コース
  • アグリビジネス
    コース

米・野菜・果樹。すべての知識・技術が身に付く!
自然栽培方法も学び、安心安全な生産者になる。

目指す仕事

農業法人/JA/農機具メーカー/種苗会社/肥料会社/きのこ製造/園芸店/青果卸売市場/食品・販売会社 他

目指す資格

日本農業技術検定/簿記検定/Excel/危険物取扱者/農業機械関連/リテールマーケティング/食の検定/毒物劇物取扱責任者 他

3つのポイント

米・野菜・果物すべて学べる!

1年次に米・野菜・果物を幅広く学び、2年次に興味関心を持った作目を選択し て深く学びます。

無施肥・無農薬の自然栽培が学べる!

環境にも人にも優しい、無施肥無農薬の自然栽培が学べるのはABioだけ!多くの栽培方法が身につきます。

インターンシップは業界最長の1年間!

一般的なインターンシップは1週間程度のところ、ABioは1年を通じて実施します。季節や天候による違いを感じながら現場感覚を身につけます。

現場力を磨く! 実習重視で技術・知識を身につける!栽培コース

農業基礎総合実習

農機具の使い方や現場作業、日々の管理作業など農作業の基礎を学びます。

農業経営体派遣実習

年間を通じて企業や農家に通い、実際の現場実務や現場感覚を学びます。

  MON TUE WED THU FRI
1 プロジェクト
実習Ⅰ
農業法規 農業経営体
派遣実習
就職実務 農業経営体
派遣実習
2 グリーン
ツーリズム論
3 現代農業
の課題
4 食品加工
実習Ⅰ
5 土壌
肥料学
6

ビジネスセンスを磨く!実践から経営を学ぶ!アグリビジネスコース

農業ビジネス演習

学内模擬会社「食娯楽」の活動を通じて、企画・商品提案、商談ビジネスマナーなど実際の企業とのやり取りをしながらビジネススキルを身につけます。

プロジェクト実習

追及して栽培してみたい農作物を選び、栽培計画を立て、日常の管理から収穫・販売計画までを一貫して行います。

  MON TUE WED THU FRI
1 プロジェクト
実習Ⅰ
農業法規 農業経営体
派遣実習
就職実務 農業
ビジネス
実習
2 グリーン
ツーリズム論
3 現代農業
の課題
4 食品加工
実習Ⅰ
5 土壌
肥料学
6

「豊富」な実習農地でホンモノの農業を学ぶ。実習地紹介。

水稲栽培

新潟県新発田市(板山地区)

野菜栽培

①新潟市中央区(長潟地区)
②新潟市北区(株式会社ベジアビオ)

果樹栽培

①新潟市南区(旧白根市大郷地区)
②新潟市江南区(旧横越町沢海地区)

在校生からのメッセージ

米・野菜・果樹と幅広く学びたくて、ABioへの進学を決めました。また、栽培技術だけでなく、経営に関しても専門的に学べることにも魅力を感じました。卒業後は、新潟県内で米に関わる企業で働いた後に、最終的には地元で農業法人を立ち上げたいです。

石澤 真琳さん

新潟県/十日町総合高校出身

卒業生からのメッセージ

野菜づくりカガヤキ農園
  • 町屋 彩さん
  • 平成27年3月 農業経営科卒業
  • (新潟県/新潟明訓高校出身)
野菜栽培という「ものづくり」が楽しい。
ストレスが溜まっていたときに、実家の畑を眺めていたら心が落ち着いたことがきっかけで農業の道へ。農業の現場では、夏は朝4時からとうもろこしを収穫、冬は雨風の中でも野菜を収穫するなど大変なこともありますが、それでもそうやって作った野菜を自分で販売してお客さんに喜ばれると嬉しいです!将来は「農家レストラン」をやってみたいです。

就職実績

酒米製造
吉乃川農産㈱
農業経営科下村 和也さん
(新潟県/堀之内高校出身)
果樹生産
新潟中央青果㈱
農業経営科渡部 葵さん
(新潟県/小千谷高校出身)
JA職員
新潟市農業協同組合
農業経営科鈴木 さな子さん
(秋田県/秋田中央高校出身)
JA職員
秋田おばこ農業協同組合
農業経営科佐藤 俊介さん
(秋田県/大曲農業高校出身)
米穀卸の営業
㈱新潟ケンベイ
農業経営科西村 賢太さん
(新潟県/新潟中央高校出身)
農業生産
㈲橋場農園
農業経営科船坂 詩織さん
(岐阜県/吉城高校出身)
農器具 メーカー
㈱ヰセキ信越
農業経営科佐藤 拓也さん
(新潟県/柏崎総合高校出身)
トマト生産
(株)べジ・アビオ
農業経営科小野塚 栞里さん
(新潟県/高田南城高校出身 )

先生からのメッセージ

農業を続けるためには会計が欠かせません。今月はいくら収入があって、手元のお金はいくら残って、それをどう使おうか?…まるでお小遣いみたい。米や野菜を作るだけでなく、農業を続けるための技術を一緒に学びましょう!

渡辺 先生

資料請求
オープンキャンパス