お電話でのお問い合わせ

0120-952-794

農業・園芸・フラワー・ガーデンデザイン・バイオテクノロジー・食品・環境を仕事にする

ABIO 新潟農業・バイオ専門学校

お問い合わせはこちら 0120-952-794

NSGカレッジリーグ

先端農業技術科

  • 2年制
  • 20名

科学とloTを使った新しい農業技術を
学び業界最先端の技術者になる。

目指す仕事

先端栽培農業/植物工場/植物バイオ企業/苗生産会社/農機具メーカー/JA/肥料会社/ 他

目指す資格

日本農業技術検定/簿記検定/食の検定/農業機械関連/リテールマーケティング/危険物取扱者/毒物劇物取扱責任者 他

3つのポイント

農業とバイオで植物のしくみ学ぶ!

農業とバイオの両方を学び、科学的な視点で考えることで安定した植物生産を実現させます。

loTや最新機械による農場管理が学べる!

先端農業に必要な農場管理の最新機械操作を、実習で身につけます。

先端農業施設で栽培実習が出来る!

最新の設備を整える施設で栽培を実践、就職後すぐに活躍できる人材になれます

ABioだから学べる!!この授業・実習に注目!

loT農業論

農業の最先端に欠かせないloTの現状と活用方法を学び、新しい農業力を知る。

施設栽培実習Ⅰ

高度施設園芸(センサーで管理・自動化された施設での栽培)を実践する農園で実際の管理方法を学びます。

生命工学実験

無菌苗生産や組織培養を実践し、植物バイオテクノロジーの技術を身につけます。

先端農業技術を利用してトマト栽培を行っている株式会社ベジ・アビオ

田中一幸 社長

田中一幸 社長

株式会社ベジ・アビオです。当社は、「ユニット型植物工場による苗生産」と「環境制御型施設園芸による高糖度トマト生産」を行っています。各種センサーにより環境データをモニタリングし、環境制御の自動化や生産管理に利用することにより、高品質な苗とおいしく機能性の高いトマトを生産しています。農業人口の減少、異常気象、TPPなど農業における環境は大きく変化しています。当社の取り組みである先進農業は、農業活性化の一つの方向と考えます。みなさんも、ABioで先端農業を学んで農業の最先端で活躍しませんか?

農業+科学の知識・技術を身に付ける2年間!

例)2年次前期の時間割
  MON TUE WED THU FRI
109:30~10:20 野菜栽培学 施設栽培実習Ⅰ loT技術実習 農業基礎
総合実習
OA実習
210:30~11:20 作物栽培学
311:30~12:20 植物生理学 農業基礎論
413:20~14:10
514:20~15:10 loT農業論 農業経営 就職実務
615:20~16:10

先生からのメッセージ

先端農業技術科は、農業業界で近年導入が進んでいる様々な先端技術について学びながら、その実務に必要な化学の基礎、植物の生理を習得する学科です。養液を用いた栽培システムや植物バイオテクノロジーという従来の土や自然環境の恵を生かした農業とはひと味違う新しい農業の世界の扉を是非学んでください。

斎藤 先生

資料請求
オープンキャンパス