お電話でのお問い合わせ

0120-952-794

農業・園芸・フラワー・ガーデンデザイン・バイオテクノロジー・食品・環境を仕事にする

ABIO 新潟農業・バイオ専門学校

お問い合わせはこちら 0120-952-794

NSGカレッジリーグ

「天穂のサクナヒメ×学生稲作プロジェクト」稲刈り&稲架掛け🌾

2021/10/01 ③教育特徴

メイン

ABio新潟農業・バイオ専門学校は、2020年11月12日に発売された本格的な稲作要素が話題のアクションRPG「天穂(てんすい)のサクナヒメ」(企画・開発:えーでるわいす、販売:マーベラス)とのコラボレーション実施しています❗
5月の田植えより、ゲームと同様に古来の手法を取り入れ、サクナヒメに奉納するためのお米(コシヒカリ)を今日まで育ててきました🌾

IMG_5214

IMG_5647

見事に黄金色✨
サクナヒメ奉納米🌾
実に神々しい❗

さて、9月27日〜28日にプロジェクトで育てたお米をゲームの世界と同じく、昔ながらの手刈りによる稲刈りと、昔ながらの天日乾燥方法の稲架(はさ)掛けを実施いたしました。

【サクナヒメ】収穫画像_20210927

昔ながらの手刈りを行うことで、機械の便利さ、活用方法を考える時間や、間近で稲を観察する良い機会に❗
また、普段経験しないことに挑戦することで、日頃の授業で培った「適応力」「現場力」を発揮することができます🌾

サブ

機械には慣れている学生も、手作業はなかなか難しいんです💦
地域の農家の先輩方に教えてもらいます❗

農業初心者の学生でもわかりやすい説明😁
さすが熟練者はすごい✨
IMG_2735

2日間で約8時間にわたり作業をした学生たちからは「手植えと手刈りを経験して、機械のすごさを改めて知った」「初めての体験で楽しい」という声が聞かれました。

IMG_5521

IMG_5544

今後は10月上旬に脱穀し、サクナヒメへ奉納を行います。
奉納米は企業連携先である株式会社新潟農商様を通じ、販売する予定🌾
乞うご期待❗

*******************************************

ABio新潟農業・バイオ専門学校では水稲栽培(稲作)実習において、田植え機やコンバインなど機械を用いた方法と、昔ながらの手植え手刈りの両方を学びます。
昔ながらの手法から稲や作業を学び、それを効率化した機械を知ることで、水稲栽培の学びを深めることが目的です。

*******************************************

ABioは豊富な実習で、知識・技術はもちろん、自然と【協力する・手伝う】ことも学べる場所です。
なぜなら、農業は絶対に一人では出来ないから。
家族、友だち、地域の方、たくさんの人がいて【農業】は成り立つんです❗

これからも様々な実習を通して、人間力実践力を身につけていきます✨

🌾学生稲作プロジェクト🌾
サクナヒメxABio学生稲作プロジェクト_PR画像-1_20210415

『天穂のサクナヒメ』公式サイト
https://www.marv.jp/special/game/sakuna/


8

77

7

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

「食」「農」「緑」スキを仕事にする‼
◆スマート農業テクノロジー科◆
◆食料農業経営科◆
◆フードマネジメント科◆

◆バイオテクノロジー科◆
◆フラワーデザイン科◆
◆大学併修農業総合科◆
◆大学併修バイオ総合科◆
◆大学併修自然環境総合科◆

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

- 来て・見て・体験しよう♬ -

オープンキャンパス毎月開催中!

IMG_1386

IMG_1385

IMG_1384

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

公式SNSも随時更新中

【LINE】

【instagram】

【Twitter】

YouTube

▼お問い合わせ先はコチラ▼

フリーダイヤル:0120-952-794

IMG_1382

 

資料請求
オープンキャンパス