お電話でのお問い合わせ

0120-952-794

農業・園芸・フラワー・ガーデンデザイン・バイオテクノロジー・食品・環境を仕事にする

ABIO 新潟農業・バイオ専門学校

お問い合わせはこちら 0120-952-794

NSGカレッジリーグ

バイオな気分【植物の分化全能性】バイオテクノロジーを基礎から学べる専門学校

2021/11/29 ⑮教職員ブログ

20211130-101

皆さん、こんにちは。
バイオテクノロジー科の岡野です。

▼過去のブログはコチラ▼
バイオな気分<<教職員・ブログ>>

 

新潟のこの季節は、天候が良くない日が続きやすくなります。

11月も中旬頃からはあられが降ることも珍しくありません。これから日々寒くなっていきます。

今日は、バイオテクノロジー科の実験の様子を紹介します。
25 plant culture

写真は鉢植え植物の一部をカットして、無菌化して培養する「組織培養」の一コマです。
鉢植えのベゴニアの葉や茎の一部を切り出す作業の様子です。

茎の中に盛んに細胞分裂を繰り返している組織があります。
この組織は植物の「組織培養」に適していて、植物の生長をコントロールする植物ホルモンという物質を適当な組み合わせと濃度にして調製した培地の上に置いて培養を開始すると、「カルス」と呼ばれる細胞の塊を作ります。

「カルス」は葉や茎、花といった機能を持たない細胞の塊ですが、植物ホルモンのバランスを変えてあげると再び元の植物体に戻ることができます。

この性質を専門用語で「分化全能性」と言います。

植物はこの性質をもつため、葉1枚、さらには細胞1個あれば、完全な植物体をたくさん増やすことができます。

植物のもつ不思議な性質です。

9

99

IMG_1386

資料請求バナー

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

「食」「農」「緑」スキを仕事にする‼
◆スマート農業テクノロジー科◆
◆食料農業経営科◆
◆フードマネジメント科◆

◆バイオテクノロジー科◆
◆フラワーデザイン科◆
◆大学併修農業総合科◆
◆大学併修バイオ総合科◆
◆大学併修自然環境総合科◆

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

- 来て・見て・体験しよう♬ -

オープンキャンパス毎月開催中!

IMG_1386

IMG_1385

IMG_1384

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

公式SNSも随時更新中

【LINE】

【instagram】

【Twitter】

YouTube

▼お問い合わせ先はコチラ▼

フリーダイヤル:0120-952-794

IMG_1382

 

資料請求
オープンキャンパス