日本酒をしぼりました!【バイオテクノロジー科】

2018/02/07 実習・授業

1

こんにちは
進学サポートデスク坂井です

あっという間に2月に突入しましたね(∩´∀`)∩
1年で一番寒いと言われている月です
みなさん、風邪ひかないようにしてくださいね。

 
さて、バイオテクノロジー科が1月から取り組んでいる日本酒お酒の醸造実習
ついに「日本酒をしぼる(上槽※じょうそう)」作業に取り掛かりました

寝かせたもろみから、発酵をしてプツプツ音がしていました
3

約20日、発酵させた醪(もろみ)を布袋にいれて、圧搾機(あっさくき)に置いていきます。



圧搾機の栓をあけると・・・
しぼりたての日本酒が出てきます
(この最初に出てくる部分のお酒を「あらばしり」といいます

2
 搾り終わった布袋には、「酒粕(さけかす)」が残ります
お料理お雑煮に使ったり、美肌効果があると言われているので、化粧品日焼けどめなどにも利用されます

実習中、お酒のとてもいい香りがしました

バイオテクノロジー科の醸造・食品コースの学生が交代して行ってきた
日本酒醸造もいよいよ終了です
みなさん、お疲れさまでした